posネット

最近はタブレット型posレジを導入する店舗が増えています

合わせて読みたいposレジの記事

タブレット

様々なposレジの種類

posレジには、コンビニや大型チェーン店で見かけるような大型のposレジ以外にも種類があります。最近では、個人の小売店でもタブレット型などの導入コストが比較的に安いものを取り入れているのをよく見かけます。

READ MORE
店内

タブレット型のメリット

タブレット型posは他のposレジと比べて導入コストが安く済む点や、持ち運んで店外でも状況を確認することが出来るのが長所です。他にもタブレット型には様々なメリットがあります。

READ MORE

posレジとは何か

室内

posレジが最近増えている

従来のレジというものは店舗で商品やサービスの金額を計算、記録して不正を防ぐためのものでしたが、最近主流となっているレジで「posレジ」というものがあります。顧客と金銭のやりとりをするだけではなく、販売情報を管理するシステムを備えたレジがposレジです。

レジとposレジの違い

レジとposレジの大きな違いは、ネットワークを通して顧客の管理ができるということです。購入した顧客の情報と購入した商品をネットワークを通して集計し、経営戦略へと生かすことが出来ます。posレジはタブレット型などの携行型の物もあります。

posレジの導入は売上の改善に繋がる

顧客の販売情報は本部にてデータを集計されて、そこで蓄積・分析されます。年代や性別、時期などからどういった商品が売れ筋なのか、逆にどういった商品が死に筋なのかをリサーチすることで、お店や企業全体の売上改善を図ることができます。

レジの誤入力を回避できる

商品をデータベースに登録しておくことで、レジで手打ちでデータを入れる必要がなくなるため、誤入力を減らすことができるというのも、posレジの魅力の一つです。

レジも進化している

posレジを始めとして、昨今はセルフレジなども浸透してきていて、レジスタッフのコスト削減が図られています。ただ、セルフレジにもスタッフがついている必要があったり、年齢確認が必要な物はスタッフを呼ばなければいけないため、現在はposレジが主流となっています。

会社の海外展開を目指そう
経営パートナーがカンタンに探せる☆カフェ開業に必要な経営能力を身に付けよう☆
技術と知識を学校で習得♪<PR>
タブレットposレジのオススメ商品を多数掲載
作業効率を大幅UPできるものを見つけよう。

[PR]

広告募集中