posネット

posレジには様々な種類があって専用機やタブレットなどがあります

posレジ導入には補助金が出る!?

実はposレジは軽減税率対策補助金の申請をすることにより導入時の費用を軽減することができます。導入を検討している企業は、まず軽減税率対策補助金事務局へ相談をしてみるようにしましょう。

様々なposレジの種類

タブレット

posレジの種類

一般的にposレジといっても、posレジには大きく分けて3つの種類があります。それぞれ特徴が違うため、検討して店舗の運用に合ったものを導入するようにしましょう。

pos専用機

レジと聞いて真っ先に思い浮かぶのが、このタイプであるという人は少なくないでしょう。ファーストフードやスーパー、コンビニなどでよく利用されている大型のposレジとなります。処理速度が一番早く全体的な集計も他のposレジより優れていますが、posレジソフトとハード面共に一番コストがかかってしまいます。

多機能型タブレット

個人の店舗ではチェーン店と比べると、大型レジを導入した場合にどうしても不要な機能が出てくるといったことがあります。多機能タブレットposアプリであれば、必要最低限の機能をそのままに必要な機能を事前に選んで導入することができます。

タブレット型

通常のタブレットに、posレジ用のアプリケーションを導入するという手軽さで人気を集めています。アプリ以外は通常のタブレットと変わらないため、オーナーは気軽に持ち歩いたり、外出先でリアルタイムの売上状況を確認できたりします。最低限の基本的なレジ機能が備わっていて、追加機能についてはソフトやアプリに追加することで利用できます。

posレジのシステムはバリエーションが豊か

posレジには上記で挙げた3種類を主体に、飲食店向けやヘアサロン向けなどに作られたものがあります。たとえば飲食店向けであればテーブルの空き状況をすぐ確認できるようなシステムが備わっていたり、顧客のオーダー状況を確認するためのシステムが備わっていたりします。様々なニーズに対応できるようにアプリやソフトの1つ1つが工夫されていますので、自身の店舗にあったシステムを探してみるといいでしょう。

広告募集中